フットワーク軽く福井県内 皆様の元へ走ります!

年金相談・請求手続

  • HOME »
  • 年金相談・請求手続

 

年金老後
 

国民年金は、老齢、障害、死亡について必要な給付を行い、健全な国民生活の維持・向上に寄与することを目的としています(国民年金法1条)。

厚生年金保険は、一定の事業所に使用される労働者を被保険者とし、被保険者の老齢、障害または死亡について保険給付を行い、被用者やその遺族の生活の安定と福祉の向上に寄与することを目的とする社会保険制度です(厚生年金法1条)

 

 老齢給付

 

基礎年金

老齢年金は老後の生活の糧となる大切な制度です。「ねんきんネット」や「ねんきん定期便」でご自身の将来の見込み額について把握されていることと思います。これから数年後に年金を裁定される方々は少しでも良い条件で受給したいと考えるのが当然です。

皆様の年金が少しでも増える努力・アドバイスができればと思います。「自分たちは本当に年金ってもらえるのか?」若年者の疑問・相談もお待ちしています。

また年金の支給に要する請求手続きを代行させていただいております。裁定書類の記入・堤出等がご面倒・わからない等ぜひご相談ください。

 

 

障害給付

 

障害年金

年金=老齢という意識が強いと思いますが、障害によって生活の安定が失われることを国民の助け合いによって防いでいくための制度でもあります。

障害年金の受給のためには越えなければならないハードルがいくつもあります。そのため障害年金の請求は本人やその家族だけでは難しく、支給されるべき人に支給されていないのが現実です。周知不足により、障害年金を受給していない方も少なくありません。

「自分は障害年金に該当するのでは?」疑問を確信に変えていきましょう。

ご自身の事例ではどうなのか?一度ご相談いただければと思います。

また、本人による請求が難しい場合もございます。周囲の皆様方のご相談もお待ちしています。

 

遺族給付

 

遺族年金

遺族給付は、被保険者または被保険者であった人が死亡した場合、その人の配偶者または子に支給されます。残された家族のための給付です。

遺族基礎年金を受給することができる遺族は、被保険者の志望の当時その人によって生計を維持していた配偶者または子です。

受給要件さえ満たせば、保険料納付期間に関わらず基礎年金の満額を受給することができます。

また遺族基礎年金の受給要件を満たすことができなかった場合にも国民年金の保険料を第1号被保険者として36か月以上納めた人が、老齢基礎年金、障害基礎年金を受けずに被保険者が死亡した場合には死亡一時金を受け取ることができる場合があります。詳細はお気軽にお尋ねいただければと思います。

 

PAGETOP
Copyright © 恐竜不動産・恐竜労務オフィス All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.